クレジットカード 比較

スポンサーリンク

クレジットカード用語集記事一覧

クレジットカードの利用額に応じて、キャッシュバックや商品券(ギフトカード)、ポイントなどで還元される率。最近では請求金額から直接値引きされるカードも出ている。具体例200円利用で1ポイント貯まり、1000ポイント貯まると1000円分のギフトカードに交換できる場合、このクレジットカードの還元率は0.5%。年間200万円利用すると1万円のキャッシュバックがある場合も同様に還元率は0.5%。一般的なポイ...

クレジットカードを利用(維持)する為に必要な会費のこと。無料のものからゴールドカード、プラチナカード、ブラックカードと呼ばれるプレミアム価値の高いものまでさまざま。会費は基本的にカードのランク(グレード)に応じて上がり、ランクの高いカードほどポイント還元率、旅行保険などが優遇されている。また国内、海外の空港のラウンジを無料で利用できるなどのサービスを受けることもできる。年会費はサービスの提供や会員...

金融機関のキャッシュカードを使って、直接自分の預金口座から支払いができる仕組みのこと。支払いする時に口座の暗証番号を入力する必要がある。銀行の普通預金のカードや郵便貯金(ゆうちょ銀行)のカードが一般的。基本的には申込みなどなしで使えるが、古いカードや店舗のPOS(レジスター)によっては使えない場合もある。口座残高までしか支払いができないので使いすぎるということがない。逆に言うと残高内までしか決済で...

モールとは大型の商店街のこと。インターネット上では楽天市場やamazonなどのオンラインショッピングモールがある。また独自のモールを運営しているクレジット会社も出てきている。カード会社独自のモール内だと、カード会員はポイント還元率が高かったり、割引を受けられるなど特典が付いているものもある。

クレジットカードに付帯している保険は基本的に以下の4つ。海外旅行傷害保険国内旅行傷害保険ショッピング保険盗難・紛失保険海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険は年会費有料のクレジットカードに付帯していることが多いが、年会費無料のカードにも小額であるが、付いていることが多くなってきている。この保険を受けるためには旅行代金をクレジットカードで支払っていることが条件になっている会社もあるので事前に調べておく必...

日本国内だけでなく、世界で使用することのできるクレジットカードのこと。例えば以下のものがある。JCBVISAMaseterCardAMERICAN EXPRESSDiners ClubJCBジャパンブランドで日本で最も加盟店が多いブランド。現在海外でも加盟店を増やしている。VISA、Master Card世界レベルで加盟店の多いブランド。海外旅行に行く人はぜひ持っておきたいブランド。AMERICA...

クレジットカードの審査で基本的に重視されるものは以下の3つ。安定した収入返済能力明確な居住場所これに加えて以下の属性も考慮される。年齢(一般的に高いほど良い)勤続年数(長いほど良い)職種(一部上場、公務員が好まれる)勤務先の規模年収(高いほど良い)居住年数(長いほど良い)住居携帯(賃貸より分譲が良い)家族構成(一人暮らしより両親と同居が良い)電話(携帯電話のみより固定電話もあった方が良い)申し込む...

クレジットカードにはキャッシング枠というものがある。この枠以内であれば対応のATMから現金を借りることができる。緊急の場合便利だが、金利は約7~20%ほどと高めなので良く考えて使う必要がある。ショッピングの場合は1回払い(2回払い)、ボーナス払いでは基本的に金利はかからないがキャッシングの場合は日割り計算で利息が発生する。キャッシングを良く使う人の場合はキャッシング専門の会社を使った方が金利無料キ...

リボ払いとは利用金額の大小に関わらず毎月一定金額を支払うシステムである(もちろん支払い残高がない場合は支払いは発生しない)。毎月の支払いを設定し、生活を自分でコントロールできると言うメリットがある。しかし支払いを長期間に渡って行う為、結果として利息を多く支払うことになることがデメリット。支払い期間中に新たに利用すると、返済額が多くなり、結果としてより長期の返済になるため注意が必要。しかし支払額は設...

カードの所有者=本会員と生計を同一にする配偶者や両親、子供(高校生を除く18歳以上)が持つことができるクレジットカード。利用額は本会員あてに請求される。支払い口座も同一である。年会費はカードによって異なるが、本会員より安い場合が多く、取得ポイントも合算できる場合が多い。家族がカードを持つ場合はメリットが多い。

過去に支払いを延滞(遅延)したことや支払いを行わなかった(踏み倒した)ことがあると載るリスト。このリストは個人信用情報機関が保持しており、入会の際に参考にされる。過度であれば他の新カードの審査でカードが発行されなくなったり、ローンが組めなかったりとさまざまな問題が発生する。引き落とし日に口座にお金を入れ忘れるということはありがちだが、数日の延滞ならば一般的にリストに載ることはないようである。基本的...

共通ポイントとはさまざま業種の企業がそれぞれ独自のポイントを使うのではなく、共通のポイントを利用する制度です。現在業界の垣根を越えてポイントが貯まる共通ポイントは以下の3つが主流です。TポイントPontaポイントRポイントTポイントPontaRポイント母体TSUTAYAローソン楽天市場運営会社Tポイント・ジャパンロイヤリティマーケティング楽天会員数4878万人6328万人9200万人加盟実店舗数1...

クレジットカード・セキュリティコードとはカードによる決済処理の際に、クレジットカード番号とは別のセキュリティコードを入力する事で、不正利用リスクの軽減を図るものです。Visa/Master/JCBカードの場合カード裏面の書名欄に番号が記載されていますが、それの一番右側の3桁の数字がセキュリティコードになっています。ちなみにVISAではCVV2と呼ばれ、Master CardではCVC2と呼ばれ、J...

クレジットカード決済画面でCWを入力してくださいとあるけれどもこれはどれのことか、ですがこれはカード裏面の3桁の番号のことです。(アメリカンエキスプレスの場合は表面右側のの4桁)。ちなみにこれはCW(シーダブリュー)ではなく、CVV(シーブイブイ)です。間違って覚えていても特別問題はありませんが、一応覚えておきましょう。参考記事:クレジットカードのセキュリティコードCVV2/CVC2とは

「支払い名人」は、登録すると、国内・海外問わず、ショッピング1回払いご利用分が自動的にショッピングリボ払いになるお支払い方法です。この支払い名人を使うメリットは以下のものがあげられます。支払い名人のメリットショッピングガード保険(国内)が自動付帯通常のショッピングリボ払いと違い初回手数料無料設定金額が簡単に変更可能一部キャンペーンの抽選口数が2倍になり当選率アップショッピングガード保険が付帯されて...

支払額を自分で決めることができるリボ払いです。三井住友カード発行のクレジットカードで利用可能です。最低支払い金額は5000円(ゴールドカードは10000円)から利用可能です。この最低利用金額以内であれば1回払いになります。※2009年3月まで定率コース(利用残高3%~)があったが廃止された。メリット・デメリットメリット毎月の最大支出額を管理することができ、計画的に生活を送ることができます。またポイ...

銀行以外の金融機関の総称を指します。主に資金の貸付を行います。銀行は預金受け入れと資金貸し付けの両方を行いますが、ノンバンクは貸付のみ。信販やリース、消費者金融(サラ金)、質屋が代表的なノンバンクです。預金預け入れの変わりに銀行などから資金を調達するので銀行に比べて金利は高めです。銀行に比べると借り入れが手軽ですが、むやみやたらに使わないようにしましょう。個人の場合は緊急時に小口で借りると言う使い...