クレジットカード 比較

家電量販店系クレジットカードを比較

スポンサーリンク

現在各家電量販店でクレジットカードを発行していますが、どのカードがお得で使い勝手が良いのか?これをまとめてみましたので以下をご覧ください。

 

各社の特徴簡易版

  • ビックは便利なSuica付き(オートチャージでなおオトク)。保険も充実。
  • ヤマダは期限を気にしなくて良い永久不滅ポイントが魅力。
  • ヨドバシはヨドバシカメラのショッピング保険付(免責3000円)。

 

各社機能一覧表

  ビックカメラSuicaカード ヤマダLABI ANAマイレージクラブカード ヨドバシゴールドポイントカードプラス
年会費 初年度 0円 0円 0円
次年度以降 477円(年1回以上の利用で次年度無料) 500円(年1回以上の利用で次年度無料) 0円
国際ブランド VISA、JCB アメリカン・エキスプレス(AMEX) VISA
基本還元率 0.50%+0.50% 0.50% 1%
ETCカード 年会費 477円 無料 500円(初年度無料)
電子マネー Suica なし 楽天Edy
提携マイル なし ANAマイレージ なし
付帯保険 海外旅行死亡・後遺傷害 500万円 なし なし
海外旅行入院・通院 50万円 なし なし
国内旅行死亡・後遺傷害 1000万円 なし なし
国内旅行入院・通院 72万円 なし なし
ショッピング保険(年間) なし なし あり※
備考

Suicaオートチャージ機能あり。Suicaチャージ時は1.5%ポイント還元。
・ポイント還元はビックポイントとビュースイカポイントの2種類

ポイントは期限切れなしの永久不滅ポイント ※ヨドバシカメラで購入した商品のみ

 

年会費

これは各社初年度は0円、2年目はビック・ヤマダが有料ですが、年1回使うだけで無料になるのでほぼ無料と言ってもさしつかえないです。国際ブランドの加盟店でのショッピングどこでも良いので使いましょう。

 

基本還元率

これはビックとヨドバシが有利です。ビックはビックカメラポイントとビューサンクスポイントの2段構えです。さらにwebでJR東日本が運営しているえきねっとに登録しておくことでさらにポイントが加算される3重構えでオトク。またスイカのオートチャージ時は通常0.5%還元が1.5%の三倍に跳ね上がります。

 

ヤマダは0.5%で数字だけ見ると低いですが、ポイント期限がない永久不滅ポイントで利便性高し。ヤマダ電機、ヤマダモール、ANA、ガソリンスタンドなどで利用時にはヤマダポイントが加算されます。詳しくは以下の表を参考にしてください。

 

ヤマダポイントが加算される店舗、サービス一覧
ヤマダ電機、LABI 10%(10%還元商品) ヤマダモール +1%
The安心

200円で1ポイント
(+0.5%)

ANA

200円で1ポイント
(+0.5%)

コスモ石油

200円で1ポイント
(+0.5%)

出光(IDEMITSU)

200円で1ポイント
(+0.5%)

Edy 200円で1ポイント(+0.5%) 得タク

100円で1ポイント
(+1%)

 

ヨドバシはどこで使っても1%です。また各社、発行元の電気屋ではクレジットカードで支払ってもポイントが減らない特典付です(通常は2%減額)。

 

付帯保険

これはビックカメラの圧勝です。海外や国内旅行で事故にあったときに保険が利くのはビックカメラだけ。念の為という意味であるとすごくうれしいサービスです。ヤマダはなく、ヨドバシはヨドバシカメラで購入したもののみショッピング保険(お買い物プロテクション)が付いています。対象は破損、盗難、水没、火災です。

 

 

まとめ

各社の特徴を紹介しましたが、いかがだったでしょうか。おすすめはビックカメラsuicaカードです。ポイント期限がないヤマダとヨドバシカメラの買い物に強いゴールドポイントプラスも捨てがたいところです。それぞれ特徴がありますが、じっくり調べて選んでください。